キッチンの幅・奥行

キッチンの幅・奥行

『大きければ大きいほどイイ!!』

というのは確かに言えるかもしれませんが、スペースの問題や価格の問題、搬入経路の問題等出てきてしまいますし、
必要以上に幅が有ることで横移動が多くなると作業の効率も悪くなりますよね。

通常のキッチンの考え方では、

保存(冷蔵庫含む)スペース:600㎜~1200㎜ 【材料を用意】

下ごしらえスペース:300㎜~600㎜ 【洗う、切る】

シンク:600㎜~1200㎜ 【洗う、後片付け】

調理スペース:600㎜~900㎜ 【混ぜる、こねる、盛り付け】

加熱機器(コンロ):600㎜~900mm

配膳

とするのが作業道線上も良いと言われているようです。
ですが、必ずしもそのようなレイアウトに出来るとの限りませんし、シンクが1200㎜もあると当たり前ですが収納スペースが減ってしまいます。

キッチンの間口をあまり取れないという場合にはシンクの上にプレートを渡して、 そこを作業スペースに充てるという工夫も出来ます。

(参考:トヨウラ クッキングシンク使い方動画)

また、キッチンの奥行についてですが、
壁面に設置するI型キッチンは一般的には600㎜、650㎜が主流です。対面式のもので800㎜~950㎜程度です。

奥行を深くすればするほど吊り戸の中の物や壁際の物が取りにくかったり、
レンジフードが加熱機器を覆わなくなってしまったりすることが起こるので要注意です。キッチンのタイプにより大きく異なってくるので収納量や使い勝手とのバランスを考えたいですね。